三つ目の扉は、サンフラワーと同じく浅草にあるアートスペース、ギャラリー・エフに現れます。
ラブホテルには行きづらい、という方も、シュテフィがroom4loveの101号室として創り出す空間インスタレーションのなかで過ごすことができます。通常の開廊時間内(11時〜19時)は自由に観覧できるとともに、19時以降は60分単位で部屋を貸し切ることができ(有料/一人1,000円/60分)、併設のバーからドリンクをオーダーすることも可能です(別途料金)。ここでは本に綴じられたすべての物語を読むことができます。シュテフィによる、愛についてのアンケートも用意されています。現実と空想のちょうど中間の空間、101号室で、愛について考える時間をお楽しみください。

ラブホテル、ウェブサイト、そしてギャラリー。人々の想像力を駆り立ててやまないラブホテルをモチーフに生まれた愛の物語が、インタラクティブに広がります。

さぁ、room4loveの扉を開けてください!

ギャラリー・エフ

 

BACK